一つ身被布(ひふ)

被布は七五三詣りの三才女児の衣装。
帯を付けずに着物の上から羽織るだけで簡単に着せられます。

祝着楽寿では、三歳詣りの為に一つ身(の生地での仕立て)の被布を作りました。

七五三の三歳詣りには被布がおすすめ

七五三の三歳参りに一つ身被布がぴったりなのは理由があります。
一つ身被布のご説明の前に、まず七五三のご説明からさせていただきます。

七五三とは

男児は三歳・五歳、女児は三歳・七歳の数え年に、氏神(その土地土地の守り神)などに、 晴れ着姿で参拝し、子供の成長を願う行事です。

三歳は【髪置き】と言い、幼児の頭髪を初めて伸ばす儀式を指します。元々、女児の祝でしたが、現代では男女とも行うようです。

五歳は【袴着】と言い、男児に初めて袴を履かせる儀式を指します。こちらは男の子に羽織袴を着せて行います。

七歳は【帯解き】と言い、女児がそれまで使っていた付け紐の代わり、初めて帯を締める儀式を指し、本来ここで初めて帯を使います。

七歳で帯を締めて、五歳で袴を履くなら、三歳では何を着せるの?
そこで一つ身被布なのです!

被布とは

元は、江戸末期より茶人や俳人などが、防寒用のオシャレ外衣として着用、後に婦人や子供にも、ソデ無し半コートやベストのようなテイストで着られてたのが始まりです。

一つ身とは

子供用の着物には、一つ身・三つ身・四つ身、という呼び方があります。
これは生地の裁断の仕方で変わり、主にサイズを表す呼び名です。

サイズの小さい方から、一つ身は0〜3歳用、三つ身は3〜5歳用、四つ身は5〜7用となります。
実は、一般に出回っている被布は、三つ身の物が多いようです。
三歳の女の子に、三つ身の晴れ着を用意されているなら、三つ身の被布が合いますが、 お宮参りの一つ身の初着を仕立て直して用いる場合、三つ身では大きすぎるのです。

お子様にやさしい一つ身被布

一つ身被布は、着るお子様だけでなく親御様にもやさしい祝着です。

着付けにやさしい

帯を着けずに着物の上から羽織るだけなので、お母さまやお祖母さまがカンタンに着せることができます。

着心地がやさしい

帯のように身体をきつくしめないのでお子様も苦しくなりません。ゆったり着れて着崩れしにくい点もオススメです。

おサイフにもやさしい

帯紐・帯揚げ・志古貴(しごき)など、帯をつける時には何かと沢山の小物が必要で費用がかさみがちですが、被布があればあとは草履と巾着だけでいいのでとっても経済的です。

被布のご購入はこちら

クレジットカード・コンビニ払いなど各種キャッシュレス決済にも対応したBASEの通販サイト
沢山の種類の一つ身被布やその他商品を取り揃えておりますので是非一度ご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました