上記に挙げた賀寿の中でも一番有名な還暦のお祝いと、お祝い品の代表として知られる赤いちゃんちゃんこ。なぜ赤いちゃんちゃんこなのでしょうか?
由来の1つは「赤子に還る」ため。十干十二支の組み合わせが、生まれたときと同じ組み合わせになり、そして「赤ちゃん」と「赤いちゃんちゃんこ」を掛けたからです。
また、もう1つは「厄除け」として。男性はこの年が厄年となるため、縁起のいい色・魔除けの色として赤いものを贈る風習ができたようです。
ですが最近は「赤子に還る」にちなみ、「第二の人生の幕開け」と捉えられてもいるようです。

賀(が)の祝い、賀寿(がじゅ)の祝いともいいます。もともと中国の風習だったのですが、奈良時代に日本に伝わり、平安時代には貴族たちの間に広く行われるようになりました。
当初は数え年四十歳の「初老の賀」から始まり、十年ごとに賀の祝いを行っていました。
数え年六十一歳の「還暦」、七十歳の「古稀」、七十七歳の「喜寿」など、現在も行われている長寿祝いは、室町時代に始まり、江戸時代に一般庶民の間に広がったものです。

◉還暦(かんれき) 赤ちゃんちゃんこ

還暦、六十一歳のお祝い。
本卦還りといって、歴の干支が六十一年で生まれた年の干支にもどることから、この名がいわれています。
還暦祝いは、昔から赤ちゃんに還るという意味と赤は魔よけの色ということから赤いちゃんちゃんこ、赤いずきん、赤い座布団など赤い色のものを贈るしきたりがあります。

 

◉古稀(こき) 紫ちゃんちゃんこ

古稀、七十一歳のお祝い。
唐の詩人杜甫の詠んだ「人生七十年古来稀なり」から出ています。
昔は短命な人が多く七十歳まで長寿を保つのは本当にまれであったのですが、今日では決してまれなものではなくなっています。

 

◉喜寿(きじゅ)紫ちゃんちゃんこ

喜寿、七十七歳のお祝い。
喜の字を略すと「㐂」となり七が重なるので七十七歳のお祝いをいいます。室町時代から始まったといわれ本来は厄年の一つであったともいわれます。

 

◉傘寿(さんじゅ)紫ちゃんちゃんこ

傘寿、八十歳のお祝い。
傘の略字「仐」が八十に見えるところからこの名がついたものです。

 

◉米寿(べいじゅ)黄ちゃんちゃんこ

米寿、八十八歳のお祝い。
「米」の字が八十八から出来ているところから米寿となり、「米の祝い」ともいわれています。
昔は近親・縁故を招いて祝宴を催し、参加者に杵の斗掻や火吹竹を贈る風習があったそうです。

 

◉卒寿(そつじゅ)紫ちゃんちゃんこ

卒寿、九十歳のお祝い。
「卒の祝い」ともいい、「卒」の俗字「卆」が九十と読めるところからこの名が出ています。

 

◉白寿(はくじゅ)白ちゃんちゃんこ

白寿、九十九歳のお祝い。
「白字の祝い」ともいい、百の字から一の字をとると「白」となり、また百から一を引くと九十九になるところから、この名がついたものです。

 

◉百寿(ひゃくじゅ)桃ちゃんちゃんこ

百寿、百歳のお祝い。
百の字を「もも」と読む事から、桃色の祝着で祝われる様になりました。