人のところへあいさつに伺うのは、江戸時代にお宮参りの帰りに大老宅へ立ち寄る習慣が始まりといわれております。お宮参りの知識

お宮参りのいわれ

その昔、お宮参りは「忌み明けの祝い」とよばれており、お産とは汚れたものだと考えられておりました。 ご両親とご両家が無事の出産を感謝し健やかな成長を祈り子の氏入りのお祝いと産婦の忌み明けとを兼ねてお宮参りをしていたようです。
室町時代から今日のように「お宮参り」という名で呼ばれるようになり、また、今日のようにお宮参りのあと親戚や知人のところへあいさつに伺うのは、江戸時代にお宮参りの帰りに大老宅へ立ち寄る習慣が始まりといわれております。

お宮参りのしかた

お宮参りには特に決まりはありませんが、正式にされたい場合は、神社で申し出て神官に祝詞をあげてもらうことができます。
その場合にはのし袋に「御玉串料」や「御初穂料」などと表書きをし、お礼と一緒にお納めします。 改まらない場合は、神社で鈴をふり祈願するだけでもいっこうに構いません。
お宮参りを済ませた帰りには親戚や知人など祝って頂いた方々のお宅へ、内祝いや赤飯などの品を用意して挨拶に伺います。
また、産後の母親をいたわる気持ちから祖母が子を抱くようになったともいわれております。

お宮参りの時期

お宮詣りの時期は、男の子で生後30日目か31日目に、女の子は31日目か32日目に行くものだとされております。
しかし、生後間もない子供を初めて長い時間外出させることにもなりますので、子供の健康状態を第一に考えることと、また、母親の回復状態を考慮して必ずしもしきたりどうりにこだわらず、暑さや寒さの厳しい時は避け、気候の良い吉日を選ばれてお参りされた方が良いでしょう。

お祝着のきせかた

子供に無地の着物(抱き着)を着せて、帽子とよだれ掛けをしその上から祝着をかけます。祝着は抱いた子供の背中をおおうようにして掛け、結び紐を抱く人の肩から首へまわして後ろで蝶結びにします。この紐に御守り札を入れます。
また、「犬張子」や「でんでん太鼓」を扇子や熨斗とともに、ご親戚などからいただいた場合もこの祝着の紐につけます。

両親・祖父母や参加する方の服装

お宮参りの服装に決まりはありませんが、お宮参りに参加するときは、服装マナーとしてフォーマルな服装がおすすめです。
このときに気を付けるポイントとして、母親は、おっぱいをあげなくてはいけなくなる時もあるため、着物などの着衣が複雑なものは避けた方が良いでしょう。
スーツやワンピースタイプの着衣が楽なフォーマルウェアを準備しましょう。

初穂料と玉串料

お宮参りの際にお支払いする祈祷料のことを初穂料や玉串料と呼びます。
基本的にはお宮参りの料金としてお支払いする場合には、どちらか一つの書き方で表書きをします。初穂料とは 
初穂というのは、その年の初めて収穫したお米の事をで、それを神前に奉納した事に始ま、り神社に納める金銭のこと全てを指します。玉串料とは 
玉串料は祈祷の際に必要となる榊に紙垂(しで)を付けた玉串の代わりに納めるお金と言う意味合いがあり、初穂と同じように神前に捧げるため玉串料と呼ばれるものになります。神社に納める際には熨斗袋に入れますが、赤と白の蝶結びのものを使用します。
表書きは「初穂料」もしくは「玉串料」と書き、水引の下には赤ちゃんの名前を記入します。初穂料や玉串料の金額は神社によって異なりますが、5,000円から10,000円が目安となります。

お宮参りに持って行くもの

お宮参りの際、扇子や犬張り子、でんでん太鼓を持参する風習があります。
縁起が良いものであったり、魔除けの意味を持つためお参りの際に持参するようです。
扇子は末広がりを表し、犬の張り子は安産と犬の子がよく育つことから健やかに育つことへの願いを込めているそうです。
お宮参りの際には扇子に赤ちゃんの名前と生年月日を書き込んでおき、お宮参りの後に神社へ奉納します。
その際にはのし袋に入れて麻の緒を付ける風習もありますので、用意しておくと良いでしょう。

お宮参りのいわれ

その昔、お宮参りは「忌み明けの祝い」とよばれており、お産とは汚れたものだと考えられておりました。 ご両親とご両家が無事の出産を感謝し健やかな成長を祈り子の氏入りのお祝いと産婦の忌み明けとを兼ねてお宮参りをしていたようです。
室町時代から今日のように「お宮参り」という名で呼ばれるようになり、また、今日のようにお宮参りのあと親戚や知人のところへあいさつに伺うのは、江戸時代にお宮参りの帰りに大老宅へ立ち寄る習慣が始まりといわれております。

まずは、お気軽にお問い合わせください。075-950-0751受付時間 9:00-17:30 [ 土・日・祝日除く ]